戸籍の届出人は、それぞれの戸籍届出において、民法・戸籍法で決められています。出生届であれば父母、死亡届であれば親族、婚姻・離婚であればその当事者が届出人となります。届書の届出人欄に署名・押印をしていただき、窓口にお持ちいただくのは、代理の方でもかまいません。